2008年11月14日

若様(わか) ありがとう

若様(わか)が先ほど虹の橋を渡りました。

waka_SP0000.jpg

あまりに突然過ぎて訳がわかりません

ごはんも食べていたし、今朝も夜も庭で遊ばせていた時は元気でした。
朝は呼んだら自分で走って嬉しそうに部屋に戻ってきていました。
あの姿が頭に残っていて

今冷たくなってしまった若様(わか)を受け入れることが出来ずにいます。

まだたった6歳でした。
たった2年しか一緒に居られませんでした。

ラムにとても良く似た若様(わか)を、私は大好きでした。
贔屓していたと思います。

まだ受け入れることが出来ず若様(わか)に「ありがとう」と言えません。

突然過ぎて理由も分からなくて
辛すぎて自分を責めるのみです

パソコンを変えてしまったので今ある若の写真はこれしかありません。
若様(わか)はこの写真なんかよりずっとずっと可愛いです。
その可愛い若様(わか)を忘れないでいてもらえるとうれしいです


若様(わか)が大好きでした
もっと一緒に居たかった
でももう若様(わか)は温かくなりません


すいません
ボロボロです

みなさま、若様(わか)を可愛がってくれてありがとうございました

ニックネーム ぽめ村村長:殿 or しば家家長:悠那 at 23:42| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
悠那さん、ご家族の皆様へ
若様のご逝去、こころからお悔やみ申し上げます
あまりの突然のことで 信じられない気持でいっぱいです。

愛らしい若様のこといつまでも決して忘れません。
Posted by あやめ at 2008年11月15日 11:09
突然すぎて・・・本当に信じられません。
何だかうまく言葉が出てこないけど・・・
悠那さん、どうかご自分を責めないでください。
若様ちゃん、ずっと忘れないよ。
Posted by ぽめら at 2008年11月15日 13:45
悠那さん、体調悪いのにもっと崩してしまうんじゃないか心配…
悠那さんは悪くないよ!
そんな中私の相談に乗ってくれてたんだね・・・ ごめんね、そしてありがとう。

Posted by ぴよ at 2008年11月15日 14:53
えっ・・・。

そんな突然な事って・・・。
言葉がみあたりません。

私がじゅえるぴ〜すさんの立場だったら・・・。
若様のご冥福お祈りいたします。
・・今度うまれかわってもじゅえるぴ〜すさんちの子供になってね。


Posted by ★ma・raika at 2008年11月16日 02:05
涙がとまりません・・。
なんだか、とつぜんすぎて
だって、家族なのに。
Posted by いと at 2008年11月17日 21:59
>あやめさんへ

本当にあやめさんにはお礼の言葉もありません。
活字がこんなに温かいものなんだと…
とても綺麗なお花を送ってくださりありがとうございました。
あやめさんが送ってくださったお花、若様(わか)と一緒に居てもらってます


勝手ばかり言いますが、どうかりゅうくんに良く似た愛らしい若様(わか)を忘れないでいてあげてください。

ありがとうございました
Posted by 悠那 at 2008年11月18日 20:37
>ぽめらちゃん

お気づかいありがとう。
10歳くらいは当たり前のように迎えると思っていたので、どうしても自分を責めてしまいます。
チャンプ君とそんなに年がかわらないのにね。早すぎるよね。

チャンプ君は若の3倍くらい生きてください。

若様(わか)を忘れないと言ってくれてありがとう。本当にうれしいです
Posted by 悠那 at 2008年11月18日 20:39
>ぴよちゃんへ

相談に乗っていた時は若様(わか)はとっても元気だったのよ。 だから気にしないでね。

『病は気から』… そのままかもしれない。
ごめんね。
必要以上に無理して元気なふりをしたくないので、もうしばらくボロボロでいさせてね。

それから、琥珀との暮らしを楽しんでね。
もっともっとおおらかに…
まだ2カ月だからそんなにしつけなくてもいいのよ。
子供らしくのびのびと育ててあげてね
Posted by 悠那 at 2008年11月18日 20:43
>★ma・raika さんへ

★ma・raika さん、ありがとう。
本当に私ももう一度生まれ変わって欲しいって願ってます。そうしたら絶対捜し出す自信があるから…

でも成仏できないからこんな風に思うのはやめなさいって言われます。
生まれ変わったらまた犬の辛さを味わうことになるからって。 天国にいたまま生まれ変わらない方が本人は幸せなんだって…

でも私は会いたい

辛いです。
Posted by 悠那 at 2008年11月18日 20:46
>いとちゃんへ

若様(わか)のために泣いてくれてありがとう。
飼い主である以上寿命(老衰まで)をまっとうさせてあげるのが義務だと思っていたので自分を責めてばかりいます。

四六時中離れずにそばにいればもっと生きられたんじゃないか… って
若すぎる死は本当に辛いです。
Posted by 悠那 at 2008年11月18日 20:49
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1573317
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック