2008年03月04日

病院 & ひな祭り

昨日の話になります。

退院後、月曜の13時は診察病院です。
もう今は傷を圧迫しない限り痛みは無く、この日も自力で病院に行きました。車(セダン)

受付6番目のはずなのに何故か3番目に呼ばれた。(DSやれんかったっちゅーねんあせあせ(飛び散る汗)

Dr: 「これは電気アンカでやったの?」
悠: 「(はぁ〜exclamation&question何ゆうーとんねん! 先週言ったでしょむかっ(怒り)) 湯たんぽです」
Dr: 「やってからどれくらい?」
悠: 「え〜とぉ… (カルテ見ろよ!)3週間くらい?(←適当)」
Dr: 「冷え性が強過ぎる人は中々気づかないケースもあるみたいだけど」
悠: 「(^^)v(そう!私は超冷え性手(チョキ)←ちょっと自慢げ)」
Dr: 「この時期多いんだよね〜 でもよっぽど熟睡してたんだね〜 普通お年寄りがやるもんだけどね」
悠: 「むかっ(怒り)exclamation×2

…なんなんだ、この医者は(☄ฺ◣д◢)☄ฺ
先週と同じ問診をし、人をあざ笑う。(しかもキモイ)

それはともかく、ヤツ(Dr)が言うには
傷口の白い部分は壊死の部分で、今はその部分を溶かす軟膏を湿布して白い部分がなくなるまで続ける必要がある」
って事らしい。
白い部分がなくなり真っ赤な傷口になってからじゃないと皮膚移植は出来ないとの事。
その事については納得した。

Dr:「まぁ〜別にこのままにしておいても治らないわけじゃないけどね〜 時間は掛かるけど」
悠: 「植皮しなくても治るんですか?」
Dr: 「でもすごく時間は掛かるし赤いケロイド状態で残るし引き攣れているからずっと痛いは痛いよ」
悠: 「…。(それは治ると言ふのだろうか???)」
Dr: 「あともう一つ皮膚の下に風船みたいなものを入れて周りの皮膚を伸ばし、今の傷口を縫い合わせるという方法もあるけどね」
悠: 「ひらめき(それ良さそうるんるん)」
Dr: 「まあどっちにしても今すぐやるわけじゃないから今決めなくてもいいんだけど」
悠: 「はぁ…。」
Dr: 「今は火傷の治療だから、形成というより皮膚科なんだけどね〜 ○※△□×+…… 」

話せば話すほど私はこの医者が信用できない。意図的ではないのだろうが患者を迷わせる医者である。
しかしここには形成のDrはこの人しか居ない。

夜、帰宅した殿に今日の診察のやり取りの再現をして見せた。
黙って聞いていた殿。
殿: 「その医者はやめた方がいい」
と一言。

話し合った結果、病院を変えることにします。
通院は今よりずっと大変になるけど、信頼できるDrに治療してもらいたいから。
植皮でなく傷を縫い合わせる方法を選びたいと思うので再入院はまだ先になりそうです。 お騒がせしてすみませんあせあせ(飛び散る汗)


植皮が怖かった私。 新たな方法が現れちょっと(´▽`)ホッとしました。
“ホッとしたお祝い?”&“ひな祭り”として帰りにケーキバースデーを買って帰りました。
P1010056.jpg
(チョコを殿が、白を私が食べました顔(メロメロ)


お家家に帰ったら、春の日差し晴れの中犬(笑)犬(笑)犬(笑)犬(笑)たちはお昼寝眠い(睡眠)

仲がいいんだか悪いんだか…
あんこ&あかこ&くろこ
P1010045.jpg

実の姉妹より仲良し.+゜*。:゜+(人*´∀`)カワイイ+゜:。*゜+.
あかこ&くろこ
P1010046.jpg

あかこ
P1010047.jpg

久しぶりに実家より戻った鈴(りん)
P1010050.jpg

可愛すぎ揺れるハート あかこ&くろこ
P1010051.jpg
↑最近「No!」と「Wait!」のコマンドを取得し始めましたGood


ニックネーム ぽめ村村長:殿 or しば家家長:悠那 at 22:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする